きゅうあいブログ

うちのコミュニケーションやお灸のおはなし

わたしのこと見て見て♫

わたしのこと見て欲しい〜

 

こんにちは(^^)

きゅうあいセラピスト とし美です。

 

わたしのこと見て欲しい〜♡

 

って気持ち…ありますよね(^^)

 

特に目立ちたがり屋じゃなくても

人前はニガテなんです…って人でも、

そんなのは関係なく、もっているのが

わたしのこと見て欲しい〜って言う

承認の欲求です。

 

ほら!?

赤ちゃんだって「ママーわたしのこと見て〜」

って泣いてアピールするでしょ?

 

あと、赤ちゃんのなんとも言えないかわいさも、

気をひくためのフォルムなんですよ!

 

だから、好きな人に気にかけて欲しい〜!

って欲求は誰にでもあります。

 

その気持ちを一言で言うと「承認」ですね。


承認は3つのパターンに分けられます。

1「存在承認」

2「行動承認」

3「成果承認」の3つ!!!

 

子どもが生まれて間もない頃、

「生まれてきてくれてありがとう」

「あなたはいるだけでいいのよ」

という気持ちで、赤ちゃんに接します♫

 

これが1の「存在承認」です。

 

そして、赤ちゃんが成長していくにつれて、

承認の対象は2「行動」に移っていきます。


「寝返りしそう〜」

「おしゃべりしたの!」

 

ってな感じです。ここはサラッと流しますよん。

 

更に成長するにつれて、3「成果の承認」が

増えてきます。たとえばこんな感じ。

 

「テストで100点取ってえらいね!」

「資格取ってすごいね!」

 

2「行動の承認」と3「成果の承認」の違い

わかりますか??

 

3「成果の承認」は成果のみを認めます。

「国家試験に合格してすごいね」

など、合格、達成、などが対象。

 

2「行動の承認」は行動を認めるので

「毎日テレビをがまんしてお勉強してえらいね」

とか、

「試験は合格出来なかったけど、そうやって一生懸命、やってる姿に感動したよ」

ってな感じ。

 

合格してもしなくても、

その行動をしてることがすごい!!

 f:id:Q-love:20170319085800j:image

子供の例でたとえてますが、

これは恋人でも言えますよね〜♫

 

付き合いたては

「大好きだよ〜♫一緒にいてくれてありがとう」

っていう存在の承認だったのが、

 

30年も経つと

「ダンナに感謝するときは、給料日とお風呂あらってくれたときしか褒めるときないわ〜」

とかね(笑)

 

成果の承認しかしなくなる…

 

気をつけねば…(*_*)!!!!!!

 

成果の承認しかしなくなると、

「自分はダメな子なんだ」とか

「オレは都合のいいオトコなのか!」

と思うようになってしまいます。

 

だから2「行動承認」と1「存在承認」を

意識的に毎日!!取り入れていきましょ♡

 

「お仕事行ってくれてありがとう」

「愛してるよ♡」っとね(^^)

その際にスキンシップを忘れずに!!!